茹で蛙の盆踊り

茹で蛙の盆踊り

アラフォーサラリーマンが、まぬけな子育て話などをお届けします

40を前にして初バリウム体験、そしてトイレ糞詰まり

バリウム、ウンチ、流れない… 何これ…

今回の投稿を簡潔に2行でまとめると、

・人生初のバリウム

・トイレにウンチ詰まって流れない 以上!!

まぁ、クソ味噌で味噌クソな話なので、汚い話が苦手な方は読まない方がいいかも… 多分僕以外にもバリウムで悲劇を味わった人はこれまでに星の数ほどいたことでしょう。今回は僕も歴戦の勇士たちの仲間入りを果たしましたとさ。こんなクソどうでもいいクソ話をクソ長く書いてしまったので、クソ時間のある方はトイレのお供に読んでくださいませ。

 

ちょっと前に帰国時検診を受けたばっかりなのですが、また健康診断を受ける羽目になりました。「帰国時検診」っていっても、僕がサボっていたので帰国から3か月も経って受けにいったのでした。先延ばしの常連でございますのでしゃーない。

で、うちの仕事場では毎年夏に定期健康診断をやるらしくて、強制的に健康診断を受けることになったのです。この前、健康を確認したばっかりなのに、またやらなあかんとは・・・ 何が嫌かって、採血ですよ!!血を抜かれるのが本当に苦手で大人になってもなれないっていうか、年取ってからの方が苦手になったような気がします。

今日も針を打たれる前に看護師さんが「いままで採血で倒れたこととかありますかー?」って訊くんですけど、ここでたとえ "YES" と答えても結果は同じでしょ!もし「いやー、血を抜かれるのダメなんですぅ」って答えて採血を見逃してくれるなら何とでも言いますとも。しかし、現実は違うんです。「ちょっと貧血気味で」とか「血が嫌いなもんで・・・」って言ったところで、だいたい「あー、そうですかー。大変ですね。気を付けてください」くらいの何の気休めにもならん言葉しかかけてもらえないんですよ(笑)。何を言うたとて無駄であることは分かっておりますので、無駄な抵抗はしないでさっさとぶっすり刺されてしまった方が賢明ですな。いやぁ、今日も注射針が痛かった!

初のバリウム体験

若いときにはやらなくてもよかった検査項目が、歳をとると必須になってくるようですね。その代表格がバリウム検査でしょうかね。僕にとっては今回が初のバリウムでございました。今までまったくバリウムなんて飲んだことはなかったので、いったいどんなものなのか想像ができなかったです。僕の事前情報は・・・

・白くて飲みにくい

・バナナ味で昔よりはうまくなった

・腹がパンパンになる

・ウンチが白くなる

といったことくらいなもんです。一体バリウムで何をやらされるんでしょうね。

身長、体重を計ったり、問診をしたり、心電図を取ったりと、一般的な検査が終了してから、若い子たちはそのまま解放されましたけど、僕ら中年以降の人間は別室にドナドナです。別室というか、会社の外に特別車両が来ていて、その中で検査をやりました。

これが、えっらい待たされました。バリウムってやつはただ飲んで終わりだとこのときまで思っていいたので、なんでこんなにも待たされるのか理解できておりませんでした。携帯もなにもなかったので、面壁九年よろしくただひたすらじーーーと壁をみて待っていました(笑)。

いざ検査車両の中へ

長いこと待って、やっと自分の出番です。特別車両 (バス) の中に呼び出され、そこで服を脱げと言われます。えっ?半裸みたいな感じになるの?これは知らなかった。ワイシャツとズボンを脱いで、下着と靴下だけのちょっと恥ずかしい感じになって、紙の検査服をかぶりました。おー、なんか病人みたいな感じですな。個人的にちょっと恥ずかしい恰好だなぁと思っていたんですけど、僕の他にももう一人同じ車両にいて、この辺はプライバシーよりも効率重視なんだなぁって思いました。公衆浴場以外で服を脱ぐのってなんだかちょっと気恥ずかしい(笑)。しかも、靴下を履いているっていうのが、間抜けさを助長している気がします。

看護師さんが怖いよ

さぁ、下着に靴下、紙の検査服というちょっぴり恥ずかしい格好で準備オッケーです。まずは看護婦さんから発泡剤と水を渡されました。胃を膨らませなきゃあかんのですね。あぁ、なんか飲む前から嫌だわん。

看護師さんに「一気に飲んでください」みたいなことを言われたようなんですけど、車内のエアコンとエンジンの音が結構うるさくてなんて言われたよくわかりませんでした。

それで渡された発泡剤を口の中に入れたままにしていたら、

味わってねぇで早く飲めや!!

おー、怖い怖い!(実際にはもう少しマイルドに言われていますよ。これは僕の認知フィルター翻訳と思って下さい)

さっさと飲まんとぶっ殺されてまうわ!急いで発泡剤を飲み込み、次にバリウムを渡されました。ほほー、これがバリウムですか。初めて見ました。ホットケーキの生地みたいね。

バリウムを渡された時に看護師さんに「マスクを下げたまま、そちらの部屋に入って」って言われたようだったんですけど、やっぱり声がよく聞こえなくて、マスクを上げてしまったら速攻ブチギレられましたよ。

マスク下げたままって言ってんだろうが、ボケぇ!

(実際には…略) いやー、この看護師さん怖ぇよぉ…(泣)。なんでバリウムごときでこんな恐怖を覚えにゃあかんのじゃ。いい歳してビビりまくりですよ。

バリウム飲んでみた

そんなこんなでもうおっかなびっくりで検査の機械のところに行きました。CTの機械を縦半分にぶった切ったような感じですね。半円筒の機械に入って、今度は別の女性の声がどこからか聞こえてきます。(↓こんな感じの機械)

別室から女性の声が聞こえてきて、こちらはその指示に従うのみです。僕には拒否権はないので、ただただ言われたことに従うしかないのです。なんかちょっと人体実験を受けているような感じです。装置に入って、さっそく指示が出されます。
女性「はい、バリウム飲んでくださーい」

僕「ん?」(やっぱり音がちょっと聞こえにくい)

女性「早く飲んでください!!

僕「は、はぁ… (この人も怖すぎでしょ!ってかここの人たち短気過ぎよ…)」

何故だかさっきからキレられてばかりです。別にそなにひどい失態は犯していないはずなんですけれども。

これが人生初バリウム。飲みにくいっていう話はよく聞くんですけど、僕にとっては特段飲みにくくはなかったです。ただ、飲んでいるときから胃の中撮られまくるんですね。知らんかった。飲んでからすぐに右や左に動かされて、まるで操り人形のように動かされ放題です。装置が傾いて、横になった状態でこう言われました。

「右にまわってください」

これね、バリウム検査に慣れている人ならいいですけど、僕みたいな初体験者にとっちゃなんのことやらさっぱり意味不明ですよ。寝っ転がった状態で右に回るってどういうこと???ってぽかーんとしていました。だって意味わかんないんだもん(笑)。すると・・・

早く右に回ってください。右です右。わかりませんか?右です。

み、右はお箸を持つ方です… もういやぁ・・・めっちゃキレとるやん・・・右に回るってどういうこと???って思いながら、装置の上をフィギュアスケートの選手みたいにくるくると回転しました。これで違っていたら、またブチギレられるんだろうなぁと戦々恐々としながら回りました。・・・何もいわれない。どうやら正しい回転だったようです(笑)。

この後も、もっと回れとか、左に回れとか、逆立ちみたいになったりとか、全方位に体を動かされまくりました。なんなのこれ?バリウム検査ってこんなにハードなものなの?全く知らなかったですよ(笑)。そして、僕のなかではバリウム検査の人は「めちゃくちゃ殺気立っていて怖い」という偏見ができあがりました。検査が終わった瞬間に逃げるように車輛を去りました。

バリウムを出さねば

バリウムってさっさと出さないと便秘になっちゃってなかなか大変なことになるみたいですね。それは知っていたので、もらった下剤を飲んでさっさと出しちゃおうとしました。下剤を飲んだ数時間後におなかが痛くなってきたので、トイレに行ったのですが、うーーん、残念。出てきたのはバリウムではなくて、1st レイヤーの方でした。バリウムがいるのは 2nd レイヤーの方ですね。すみません、汚い話で。その後もずっとおなかが痛いだけで、なかなかバリウムくんはでてきてくれません。

まぁ、放っておけば勝手にでてくるだろうと思っていたんですけど、なんかみんなが「バリウムはさっさと出さないとやべーぞ」とか「バリウム便秘は地獄だわ」とか言ってやたらと脅してくるんですよ。僕もなんだか怖くなってきて、家に帰ってからもう1包下剤を追加で飲んでしましました。

しばらくしてからお腹にあったものを出してみたんですけど、まだお腹の不快感がおさまらない。どうやらバリウムがいたのは2nd レイヤーではなくて、さらにその先のレイヤーだったみたい!今日中にスッキリできると思ったのになんてこった。バリウムウンチくんは明日にキャリーオーバーです。

ー翌朝ー とりあえずトイレに行って出すもんは出しました。これで闘いは終わりだ。この時はそう思っていました。しばらくして妻が僕の淡い幻想を打ち砕く一言を発しました。

妻「あなた、詰まってるわよ」

僕「え?詰まった?え!?ウンチ詰まった??」

驚きつつも半信半疑なままトレイに行き、排水溝を見てみると確かにいる…!!

たしかに、さっき産み落としたばかりの可愛い我が子が排水溝からひょっこり顔を出している!!なんてこったい!39にもなってウンコ詰まらせるだなんて!しかも出社直前に。

ちょっと信じられないし、現実逃避したい気分です。みんな「バリウムは詰まるとヤバい」って教えてくれたけど、お腹じゃなくて、トイレの方が詰まってどうするよ!

これは全くの想定外のできごとです。一体どうすればいいのやら。トイレのスッポンはありません。とりあえず、ゴム手袋をして、割り箸で届く範囲のウンちゃんをなんとか処理しました。この辺はリアルに描写すると汚いので省きます。マイルドにたとえて言うと、味噌溶いて流した… はい、すみません。

味噌溶き作戦の結果はというと、一応水は流れるけど、奴らはまだそこにいる… なかなかしぶといですね。そうこうしているうちに出勤時間になってしまったので、あとはパイプユニッシュをぶち込んで放置!妻に丸投げです。妻よ、すまぬ!!

悲劇は再び起こるのです。糞詰まりアゲイン!!

妻からのLINEによると、一応トイレ詰まりは解消されたようです。ベイビーくんのうんちも一応流すことができたと話していました。しかし、何故か胸騒ぎがしていました。なんかまだウンチが詰まっているような気がする。また詰まりそうな気がする… そんな気がして、仕事帰りにマツキヨで排水管詰まりの薬剤をしこたま買っていきました。僕がどれくらいうんち詰まりにビビっていたかというと、こんなに買い込んじゃうくらい・・・↓

たぶん店員の姉さんに「こいつ買いすぎじゃね?」って思われたかもしれんですけど、過去に何度もウンチ詰まりを経験しているので、もうトラウマなんですよ。

家に帰ってトイレをみてみると、うん、まあ確かに妻の言った通り水は流れますね。これなら大丈夫かな?ちょうどウンチしたくなってきたし、出しちゃおっと♪ ---っと油断したのがあだとなりました。ウンチを出したはいいものの、水を流しても流れない!!なんどやっても流れない!なんてこったい!またうんち詰まりをやっちまいやした。もうショックで茫然自失です。なんで、1日で2回もうんちを詰まらせにゃあかんのじゃい… でも、まぁ、さっきマツキヨで買い込んだ薬剤が役に立つときです。とりあえず、パイプユニッシュ的なものをドバドバ流し込んでやりました。ドロドロに溶かして流しちまおうっていう戦法です。頃合いになるのをまってからトイレの水を流します。ドラゴンボールベジータよろしく「これで最後だ!ファイナルフラーーーッシュ!!」みたいなノリで流してやりました。ドラゴンボールをご存知でない方もいらっると思うので簡単にご説明。こんな感じのエネルギー弾です↓ 決め技なんだけど、まぁ、これで決まった試しはないんじゃないかな(笑)。

ちなみに、"ファイナルフラッシュ" と水を流す "フラッシュ" をかけたつもりで、独りで「決まった!」ってニヤニヤしていたんですけど、綴りが "flash" と "flush" で違うやん… で、さらに悪いことに、結局このファイナルフラッシュ完全に不発で、僕のウンチくんたちは全く動じずトイレに居座っておりましたとさ。この後、水を流しまくったりしたんですけど、全く効果なし。

最終兵器トイレのスッポン!

もう埒が明かないので、再度マツキヨにいって、トイレのスッポンを買ってきました。お値段なんと1958円… た、高い… でも、もう他に店が開いていなかったので背に腹は代えられないです。

このトイレのスッポンの正式名称はなんなんでしょうね?プランジャーっていうのか、ラバーカップっていうのか。でも、正式名称よりも「スッポン」っていう俗称の方が一般的に通じそうな気がします。ってなことを考えながら、詰まったトイレをシュコシュコやっておりましたが、いくらやってもつまりが直らん!!これは一体どうしたことなんだ??冷静になって考えるんだ、自分!!

ネットで色々とスッポンの使い方を調べていて、ふとあることに気が付きました。よくよく見てみると、うちのトイレは詰まっているわけではないのです。正確にいうと、ウンチが流せずにそこにいるだけで、ちゃんと水は流れているのです。これ、結構厄介な状態です。やっぱりあのスッポンってやつは、ちゃんと排水管が詰まっていないと逆に使いものにならんのですね。たしかに、よく考えてみるとそりゃそうですわね。いくらシュコシュコやっても圧が逃げちゃうから意味ないですわね。そんなことに気が付いて、トイレのスッポンはこれ以上やっても意味がないと諦めました。スッポンを諦めたのは別にいいとしても、じゃあ、一体どうすんのよ…??やりたくないけど、また味噌溶きをやるしかない… もうこんなクソ味噌な一日はいやぁ… なんとか頑張って、黙しできる範囲のウンチは撃退してやりましたけど、まだ水の流れがいつもより悪いです。たぶん、排水管の曲がっているところにウンチくんたちが居座っているのかも。さっき買ってきた他の薬剤をガンガンつかってやりましたけど、いまいち効果があったのかなかったのかよくわかりませんでした。しばらくは詰まりにおびえながらトイレを使うしかないですね。

バリウムウンチおそるべし

みんな「バリウム便が (体内に) 詰まるとヤバい」としか言ってなかったやないですか!うそつき!いや、ウソではないですけど、トイレ詰まりの方が100倍ヤバくないですか?これってひょっとして日本人の常識なんですかね?まさか僕だけ39になるまで知らんかったとか… もしこれを読まれているバリウム未経験の方がいたら参考にしてください。バリウム後のウンチは流れにくくなるってことを!バリウムって比重が重たいからそりゃ流れなくもなりますわねぇえ。いやぁ、今回のバリウムウンチ事件はいい勉強になりました。

39にもなってウンチを詰まらせた上に、それを妻に見られていますからね、いい修行になりますわ。これまでの人生で自分の排泄物を他人に見られたのは初めてかも(笑)!!

おわりにバリウム対策

バリウム飲んだら会社は休んでウンチに専念する

・ウンチが出る瞬間に水を流す

・自分の家のトイレは使わない。ヒットアンドラン!(これは社会人的にはダメですな)

・あと、水圧が強そうなトイレを探す。タンクが上についてるやつなんがいいんじゃない?

他にもいい対策があったら誰か教えてください。今回が初めてのバリウムだったけど、もうバリウムは懲り懲りでございますわ。

これでホントにおわり

あなたは、健やかなるときも、病めるときも、バリウムでクソが詰まったときも、夫を愛し、敬い、慰め合い、共に助け合い、そっとウンチを流すことを誓いますか?夫婦生活では相手のクソを見る、または相手にクソを見られるということも起こりうるということを学びました(笑)。ウンチくらい大目にみてね。

 

過去のウンチネタもよかったらご覧ください↓

edo-kashiwa.hatenablog.com